【暑さに負けるな】夏キャンプを快適に過ごすためのポイント3選!

キャンプ入門

おっす!ともくんです!

ここ最近暑くなってきましたね。

梅雨があければ夏が来る。キャンプシーズンの到来ですね!

今回は暑い夏キャンプを快適に過ごすポイントを紹介したいと思います。

①標高の高いキャンプ場を選ぼう!

夏キャンプの暑さを乗り越えるために、最も大切なのはキャンプ場選びです。

キャンプ場を選ぶ上で重要なポイントは「標高」です。

当たり前の常識のしてご存知かと思いますが、「標高」が上がれば「気温」は下がります。

100メートル標高が高くなるごとに約0.6℃気温が下がると言われています。

具体的には以下のような気温差が生まれます。

場所最低気温最高気温
標高10m19℃26℃
標高1000m12℃20℃

標高が高いキャンプ場を選ぶことで、避暑地のように涼しく快適なキャンプを堪能できます。

②帽子は必須アイテム!

夏キャンプに行く際は、必ず帽子を持っていきましょう!

帽子はしっかりと鍔がありできれば、うなじまでしっかり守ってくれるものがベストです。

子供の頃は親に言われて「外に遊びに行くときは帽子をかぶる」ってのが当たり前になっていましたが、大人になると帽子はどちらかと言うと「おしゃれ」のためのアイテムになってしまっていませんか?

夏キャンプを快適に過ごすだけでなく、キャンプファッションとして、また熱中症対策としてちゃんとした帽子を持っておくことを強くおすすめします。

③日陰をしっかりと確保する

夏キャンプにおいて最も恐ろしいのは気温が高いことよりも、日差しによる体温の上昇にあります。

そのため夏キャンプでは意識して「日陰を探す・作る」ということが大切になります。

日陰を確保する方法は大きく2つです。

まず1つ目は「大きな木のそばに設営する」です。

大きな木の木陰にテントを張ることで、天然の日陰を確保することができます。

ただ木の真下なので上から葉や虫が落ちて来ることは避けられません。

2つ目は「タープを張る」です。

夏キャンプに行くのであればタープは必ず準備してほしいアイテムになります。

大きめのタープを張ることで確実に日陰を確保できるだけでなく、突然の雨からも守ってくれます。

しっかり対策して楽しい夏キャンプを!

夏キャンプを快適に過ごすポイントは分かってもらえたと思います。

夏キャンプで楽しくてはしゃぎすぎて熱中症になってしまう、なんてことも珍しい話ではありません。

せっかく楽しい思い出のはずのキャンプが熱中症で辛い思い出になってしまわないようにしましょう!

今回紹介した以外にも「こまめな水分補給」や「濡れタオルで体温を下げる」など様々な対策がありますので、各自で自分にあった対策をして楽しい夏を過ごしましょう!

今回は記事はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございます!

TwitterInstagramもやっているので、そちらでも気軽に絡んでください!

それでは失礼します!またね!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました