キャンプ初心者必見!ソロキャンプに最低限必要な道具は3つだけ!?

キャンプ入門

こんちわ!ともくんです!

キャンプを始めたいけど何揃えたらいいのかわからない!

キャンプ初心者の方からよくこんな言葉を聞きます。

キャンプ道具っていろいろなものがあってわからないですよねw

自分もはじめは色々と悩みました。

ぶっちゃけ必要ないものも買ったりしたのはいい思い出ですね。

そんな経験をもとにキャンプを始めるのに最低限必要な道具を紹介していきます。

スポンサーリンク

キャンプとは外で生活すること

そもそもキャンプって何?

この質問、意外と答えるのが難しいですよね。

テント張ったり、御飯作ったり、焚き火したり、キャンプの楽しみ方は人それぞれだと思います。

自分にとってキャンプとは「屋外で快適に生活すること」です。

家にいれば電気・水道・ガスなどのライフラインが整っており不便なく生活することができますよね。

キャンプはその逆で、自然の中で不便を楽しみながら生活をすることが醍醐味です。

しかしあまりにも不便すぎるとそれは「キャンプ」ではなく「野宿」になってしまいます。

今回は最低限快適に屋外で生活するために必要な道具という視点で考えていきたいと思います。

まずはテントが必要!タープでもOK!

最低限快適な生活をする上で、まず必要なのは居住空間ですね。

ということで、テントはまず準備しましょう。

テントの役割は大きく2つです。

  • 雨風日差しから守ってくれる
  • 虫などの侵入を防いでくれる

テントが様々なものから守ってくれるので、安心して眠ることができますね。

最近はタープ泊も流行っているみたいですね。

タープ泊とはテントを使用せずタープのみで行うキャンプのことです。

テント泊以上に自然を感じることができるのがメリットですね。

次はシュラフ!寝袋を用意しよう!

テントが準備できたら次は寝袋を用意しましょう。

寝袋のことをシュラフと言ったりもしますが寝袋のほうが伝わりやすいですかね。

寝袋は寝るだけではなく、畳んで座布団代わりに使うこともできます

寝袋は持ち運びできる布団なので、これ無しで寝るのは夏場以外は厳しいですね。

夏場は夜でも気温が高いので大丈夫と思いますが、山間部などでは気温が10℃以上低くなることもあるので注意が必要です。

自分も過去に秋キャンプに行ったとき「着込めば大丈夫だろう」と、寝袋を持っていかなかったときもありましたが本気で後悔しました

寒すぎて死ぬかと思いましたねw

身を持って「寝袋の大切さ」を感じました。

寝袋は命にかかわる道具なので、必ず準備しましょう。

最後はクッカー!調理器具です!

テントは住むために、寝袋は寝るために、ときたら最後は食うために必要な道具です。

調理器具なんてたくさんあるから困っちゃう。

そう思うかもしれませんが安心してください。

とりあえずお湯が沸かせればOKですw

ローストビーフとかアヒージョとかおしゃれなキャンプ飯はたくさんあります。

しかし、カップ麺さえ食えれば意外と大丈夫なもんです。

ダッチオーブンやスキレットなど凝った調理器具はキャンプを繰り返していく中で少しづつ揃えていけばいいと思います。

自然の中で食うとカップ麺もいつもの倍くらい美味しくなります

三種の神器が揃ったらいざキャンプへ!

テント・寝袋・クッカーの三種の神器が揃ったら、キャンプへ行ってみましょう。

キャンプは「習うより慣れろ」ですw

初めてのキャンプはテント張って、カップ麺食って、寝袋で寝る。

それだけで充分楽しめるはずです。

自然の中で過ごすということに意味があるのです。

そのなかで「焚き火したいな」とか「椅子がほしいな」とか感じるはずです。

そこで感じた「不便さ」を改善していくために、少しづつ道具を増やしていくことも楽しみの一つです。

いきなりすべてを揃えようとせず少しづつ少しづつ自分のキャンプスタイルを確立していきましょう

今回は記事はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございます!

気になることや質問などをコメントしてくれると励みになります!

TwitterやInstagramもやっているので、そちらでも気軽に絡んでください!

それでは失礼します!またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました